むし歯ゼロを目指す予防治療

予防歯科

treatment_01
予防歯科歯は削れば削るほど弱くなり、一度削ってしまった歯は元のように戻すことは不可能です。そこでcure(治療)ではなくcare(予防)が重要で、自分の歯を自分で守る時代になりました。
そのためには、毎日の歯磨きと歯科医院での定期的な検診がとても大切です。おんみょうじ歯科医院では、削る量を最小限に抑えた治療を心がけています。
歯は一度失えばもう戻ってはこないのです、健康な歯でいるためにも痛いところがなくても一度検診にいらしてみてください。
いつまでもご自分の歯で美味しく食べ、生活を楽しんで頂けることを目指しましょう。
「歯が悪くなってから歯医者へ」から「歯が悪くならないように歯医者へ」と変わってきています。

定期検診のススメ

治療が終了し、健康なお口を獲得しても、その状態を維持・管理をしなければ、再び虫歯や歯周病にかかってしまう恐れがあります。
そこで当院では『定期検診』を患者さんにオススメしています。
定期検診でお口の健康を維持・管理していただき、いつまでも美しく、しっかりと噛める、健やかで豊かな生活を送っていただきたいと考えています。

定期検診でここまで変わる

graphicこのように定期検診を受けた人と受けなかった人では、80代になって残る歯が9本も違ってくるのです。
8020(80歳でも20本の歯を残す)を目指して、日ごろのケアをしていきましょう。

定期検診に行かないと…

yobou_kenshin80歳になって残っている歯は平均して約7本しかありません。
いくつになっても、みんなで硬いものを美味しく食べられるように、きちんと定期検診を受けましょう。
“むし歯にならない”、 “歯周病の進行を防ぐ”ために予防を意識しましょう。
当院では、定期的メンテナンスカードを作っておりますので、ご希望の方は受付までお声掛けくださいね!

2度とむし歯になりたくない方へ

私たちは、予防歯科を一番大切に考えています!

当院では、歯科衛生士が専門の機器を用い、歯磨きで落ちない歯の汚れをきれいに除去するため、クリーニングを行っております。

体の健康を維持・チェックするのに人間ドックへ行くように、歯にも虫歯や歯周病にならないように定期的な検診が必要なのです。
また、定期検診ではそれほど痛みをともなう処置を行うことがないため、恐怖心もなくリラックスして診察でき、来院回数や治療費の節約にもなります。

歯周病は自覚症状のない怖い病気

歯周病改善のためにも定期検診をオススメします

sisyu_graph歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。よく聞く「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とは一緒の意味です。
歯を失う原因で一番多い理由は歯周病で、現在30歳以上の人の8割が歯周病にかかっていると言います。
特に歯周病は、むし歯とは異なり、痛みや自覚症状が出にくく、自覚症状が出た場合には既に手遅れであるケースもあります。
歯周病の原因となる歯石は、3~4ヶ月くらいで溜まりますので、3~4ヶ月に1度のペースで定期検診を受けることをお勧めします。