痛みを和らげる虫歯治療

一般歯科

treatment_07
一般歯科一般的なむし歯、歯周病、入れ歯の治療を行います。
まずは痛みを取りましょう、そして他にむし歯になる可能性があるかどうかお調べします。
痛い歯だけを治療しておしまいでは、また他の歯が痛くなる可能性があります。そうなると大切な歯が、そのたびにドリルで削られてしまいます。
そのような悪循環におちいる前にしっかりとお口の中をチェックして、どうすればむし歯にならない状態になるかアドバイスいたします。
おんみょうじ歯科医院では、むし歯治療をする際には、歯を削る量を最小限にするよう心がけております。治療後のケアをしっかりすることにより、むし歯の進行を抑え、ご自分の大切な歯をできるだけ残すことができます。

むし歯について

虫歯は細菌(虫歯菌)が原因の感染症です。
歯を失う原因の90%以上が「むし歯」と「歯周病」といわれています。

どうしてむし歯は起きるの?

むし歯は歯の表面についた歯垢に、むし歯の原因となる菌がすみつき、糖分を栄養にして酸を出します。これが歯の表面のリン酸とカルシウムを溶かす脱灰(だっかい)を行います。しかし、歯は唾液の働きで少しずつ修復されています。口の中で脱灰(破壊)と再石灰化(再生)が繰り返されています。虫歯はこのバランスが崩れて、脱灰が進むことによって、むし歯の原因になります。

むし歯を放っておくとどうなるの?

むし歯の進行状態により、痛みがでてきます 。
treatment_08

C0 歯の表面が溶けて、白く濁り、透明感を失った状態。
歯を削らずに、フッ素を塗ります。
C1 歯の表面のエナメル質が溶けて、虫歯が始まった状態。
ただし、エナメル質は神経がないため、痛くありません。
適切なケアを行えば、削る必要はありません。
C2 虫歯が象牙質まで達した状態。
象牙質は虫歯の進行が早く、だんだんと痛みがでて、歯がしみるなどの自覚症状が出てきます。
虫歯に侵された象牙質を除去して、かわりに詰め物をします。
C3 虫歯が歯髄にまで進行した状態。
炎症を起こし、激しく痛みます。
虫歯に侵された歯髄と象牙質を除去し、歯の根の内部を除菌します。
歯を残すことができる可能性があります。
C4 歯の頭の部分が溶けて、歯の根だけが残った状態です。
歯髄が死んでいるため、痛みは感じません。
歯を残すことも困難になる場合があります。
歯を残せる場合は根管治療で修復しますが、残せない場合はブリッジや入れ歯、インプラントで治療します。

mushiba_kokuban