歯周病とは

歯周病は歯周組織に起こる細菌が原因の感染症で、歯を支える顎の骨の病気です。
その原因は、歯の表面の歯垢(プラーク)中の細菌です。
歯周病を予防するためには、日頃から食生活やストレスの改善、禁煙、睡眠などに気をつけることが大切です。

歯周病を放っておくと
どうなるの?

歯周病を放っておくと、歯周病は骨が溶かされるもので、基本一度溶けた骨はもとには戻りません。
歯周病が進行すると炎症は進み、歯根膜は破壊され歯肉が後退し、歯を支えている骨までもが溶け始めてしまいます。その結果、かめなくなり、最終的に抜けてしまいます。そのため、早期発見早期治療が大切なのです。

歯周病予防は欠かせない
メンテナンス治療のご案内

メンテナンス治療とは、歯科医院で定期的に口の中をケアをすることです。
例えば、歯周病治療後のメンテナンス治療として、PMTCというものがあります。それは、歯科医院でペーストと専用機器を使用する口腔内クリーニングのことです。これにより、プラークや歯石などを確実に除去することができます。なるべく早くからの予防対策が必要です。

歯周病は口の中以外の病気にも関係があると言われています
歯周病の原因菌と、食べ物などが気管に入ってしまうことで肺炎や心筋梗塞、糖尿病などの病気と関係があると言われています。

CHANGES

歯周病の進行と変化

  • 歯肉炎

    歯石や歯垢がたまり始め、歯肉(歯ぐき)が赤くはれています。歯磨き時の出血も出てきます。

  • 初期歯周炎

    見た目は歯肉炎と変わりませんが、腫れが大きくなり、骨も溶け始めています。

  • 中等度歯周炎

    骨が溶け、歯が動き始めます。歯肉も赤く腫れあがり、口臭・出血・不快感が出てきます。

  • 重度歯周炎

    歯肉は化膿し、真っ赤です。歯根も歯石で覆われています。すでに歯を支えるのも困難になっています。

DANGERS

歯周病の危険

  • 骨がとけて歯が抜ける

    歯周病は歯周病菌と呼ばれる細菌が原因。歯周病菌は歯周ポケットをつくりながら歯茎の奥へと進んでいき、やがて歯を支える骨を溶かし始めます。支えを失った歯はぐらぐらしていき、最後にはぬけてしまいます。

  • 自覚症状が少ない

    歯周病は初期段階では目立った自覚症状がありません。しかし、ゆっくりと確実に進行していきます。激しい出血や痛み、歯がゆれるなど、明らかな自覚症状が出る頃には、重度の歯周病になっていることも珍しくありません。

  • 歯磨きでは治らない

    歯周病になると、歯と歯茎の間に隙間ができます。これを歯周ポケットといいます。歯周ポケットに入り込んだ細菌や歯石は歯磨きだけでは除去することはできません。

FLOW

歯周病治療の流れ

  • 検査・診断

    レントゲン撮影と歯周病の検査を行います。レントゲン撮影で見えないところで異常が起きていないかどうかを確認します。歯周病検査では歯周ポケットの深さ、ポケット測定時の歯肉出血、歯の動揺度をチェックしていきます。歯周ポケット検査とは、歯と歯ぐきの隙間の溝の深さを測ります。3mm以内が正常ですが、4mm以上になっていると、歯周病が進行してると言えます。

  • TBIプラークコントロール

    プラークコントロールとは歯磨き指導のことです。
    歯科衛生士が患者さんと一緒になってブラッシング練習をしていきます。
    患者様ごとに歯の磨き方には癖がありますので、歯科衛生士があなたにあった磨き方や歯ブラシの選択をお教えします。

  • スケーリング

    専用の器具を使って、歯ぐきの上にある歯垢や歯石を取り除くお掃除のことです。

  • SRP

    歯ぐきに隠れている歯垢や歯石を取り除くお掃除のことです。
    場合によっては麻酔をかけた状態で治療を行います。歯と歯ぐきの隙間の奥まで清潔な状態にできるので、歯周病の進行防止には欠かせない治療です。
    歯ぐきの状態にもよりますが、治療回数は4回から6回ほどかかります。

  • 再検査・評価・PMTC

    再度、歯周病検査を行います。
    この検査によって歯周病の回復度合いを再評価します。
    お口の中の写真撮影も行い、治療前後の歯ぐきの状態の比較を行います。再評価が終わった後、フッ素入りのペーストで歯の表面を磨いていきます。問題がなければ、虫歯の治療に入り、その後定期メンテナンス段階に移行し、歯周病の予防を行っていきます。

  • 定期メンテナンス

    患者さまのお口の中の状態に合わせたメンテナンスの間隔を提案し、いつまでも快適な状態を保てるようにサポートしていきます。