エアフローとは?

エアフローは、歯面清掃を行う機械の一種で、非常に細かなパウダー粒子をジェット噴射で歯に吹き付けることにより、
歯にこびりついた汚れを効果的に落とすことができる、というものです。

一般的には、歯科医院で主に歯の着色やヤニ除去の用途として使われていますが、
歯周ポケット内の歯周病の細菌除去にも効果が高いため、
おんみょうじ歯科では歯と歯茎の健康のためにも、
エアフローによるクリーニングを積極的におすすめしています。

  • オススメな理由01

    着色汚れに効果的です

    茶渋やタバコのヤニなどの着色汚れは、普段の歯磨きだけではなかなか落とすことができません。エアフローであれば、微細なパウダーを吹き付けることで細かい汚れでも落とすことができます。

  • オススメな理由02

    短時間できれいにできる

    エアフローは、高圧洗浄機のように効率的にお掃除ができます。1回45分と短い時間で歯を綺麗にクリーニングできます。

  • オススメな理由03

    虫歯や歯周病の予防にも

    虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルムは、歯と歯茎の間(歯周ポケット)などの細かい場所にもこびりついています。エアフローであれば小さな隙間でも隅々まで綺麗にクリーニングできます。

  • エアフローイメージ

RECOMMEND

こんな方にオススメ!

  • タバコのヤニ、ステイン(着色)が気になっている方
  • くすんだ歯の白さを蘇らせたい方(※)
  • 歯の健康を積極的に保っていきたい方
  • いつもスッキリと気持ちのいいお口を保ちたい方
  • 詰め物・被せ物・差し歯などの人工物が入っている方

(※)エアフローは外来性の着色は落としますが、本来の歯の色自体は白くできません。歯自体を白くしたい場合にはホワイトニングが必要です。

GBT

Guided Biofilm Therapy

GBTとは

口腔内のバイオフィルムが疫学的な主因となり、歯周病や齲蝕、インプラント周囲の炎症を引き起こします。
歯周病がリスクを高める全身性疾患は、循環器や呼吸器系疾患、関節炎や糖尿病などです。
一般的な口膣衛生に臨床家による処置を組み合わせることで、バイオフィルムを抑制し、口膣および全身のより健康管理を実現させることが可能になります。

Guided Biofilm Therapy(GBT)は、エアフロー、ペリオフロー、ピエゾン 技術を用いた、プロによる歯面清掃のバイオフィルム除去方法です。

 

Guided Biofilm Therapyは、よりよい臨床結果を追求するために患者さん個人の診査とリスクアセスメントに基づいた複数のプロトコールから成り立っています。侵襲性を抑え、より快適・安全かつ短時間で治療できるように設計されています。

ステインと歯石

エアフローでステインを除去し、ピエゾンチップPSで歯石の除去を促すことで、他の電動器具を用いたインスツルメンテーションを最小限に抑えます。

▶GBTは、患者さんを再び笑顔にします。